スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリークリスマス!

去年はどうしてたんだっけ、と思ったら
ああなんかいろいろ
クリスマスどころじゃなかったんだった…

そう考えると今年は平和でいいなあ!
へい……わ?


雨宮深雪さんからお手紙もらた!

深雪さんより

ギャー! かわええ! 死ぬ!
キュン死すっぞオラァ!(巽完二っぽく巻き舌で)

深雪さんより2

三つ編み2本の子が深雪さんの「KOYUKI」ちゃん、
ツインテールの子がモンハンオンリー主催さんの「QUES」さんです。

アルフォンス愛されてんなぁ!
大事にされてんなぁ!

じゃあいっちょ深雪さんの漫画から連想した会話ネタを。
(あ、以前書いたクリスマスSSとは設定が違いますのでご了承を)


続きを読む »
スポンサーサイト

すごく…甘い、罠

いさじじゃん!(@キディ・ガーランド)

そんなことより聞いてくれ!
キャラの描き方を変えてみようと考えて
盛大に失敗!
萌えキャラってなんですか
それって食えるんですか
にゃお~ん
男性の身体を描くのがハンパなく面倒な私は
たぶんもうBL作家とかにはなれないと思いました
おっぱい! おっぱい! おっぱい!
おっぱい! おっぱい! おっぱいいいいいいい!

クラウザー&アルフォンス_024
続きを読む »

しっかりするのよサトアシュ!(パティーン!)

クラウザー&アルフォンス_019

もう11月じゃない!!!!!!!!!!!

ってそこではなく…
いい加減目を覚ましなさい!
いやぁ、お仕事の絵を描いていたらいつの間にか
カキシャアアアアアアァァァァァ!
てなってこれが完成していたんだ。
不思議だなぁ・・・
ごめんねごめんねいつもいつも走り書きでごめんね
漫画を一日5本描こうと思ったのに
しょっぱなから挫折してごめんね
仕事が終わったら本気出す
来年になったら本気出す

どうでもいいことなのだが
某カレンダーの絵はすげぇ体位だぜェーーー!
パースが取れなくて心が折れそうになるぜェーーー!


そういや昨日のトチ狂った日記(いつも)に
コメントと拍手コメントありがとうございます><



てなわけで久々に妄想でもするか!

ロックラックの街に出張して迷子になったけど
無事に合流してポッケ村に帰ってきたよ
というシチュエーション
もうここまでくるとモンハン関係ねー!
・・・いつもか。

かなり頭沸いてるんでたたみますyp。
続きを読む »

サクラ色

恋しくて目を閉じれば、あの頃の二人がいるんだ!
(@アンジェラ・アキ)
いい加減目を覚まして下さい。
いい加減目を覚ましなさい!
ビシィーーーッ!
ありがとうございます!
我々の業界ではご褒美です!!

ところでそういえばTriでは「我々の業界では~」が
通じないことが多いんで(あたりまえだ)
ニコニコ大百科でも貼っておくか…
我々の業界ではご褒美です
なんの説明にもなってないけど動画見てもらえると
なんとなく分かってもらえるのではと思います。

そいや野良で会った人で
私をはるかに超越するすげー真性ドMのフレがいたな・・
しばらく会ってないケド。


ひたすら真に殴られる動画をふと見てたら
すげーテンション上がってきたので
今度すっげーシュールな漫画でも描こう。
基本的に私の漫画はみんな宇宙枠ですが・・

クラウザー&アルフォンス_018

「やっぱりここが落ち着くなぁ~」
「いや、落ち着かれても」
「クラウザーさんて」
「……」
「おっきいね」
「お前がちっさいんだろ」
「あ~、空が高いねー! 秋だね!」
「……なあ、まだ帰らないのか?
 俺、帰って寝たいんだが」
「あ! そうかー…。
 ところで何しにここに来たんだっけ?」
「お前が特産キノコ探しに行きたいって言ったんだろ」
「そうだっけ!?」
「そうだよ!」
「なんで特産キノコなの?」
「お れ が し る か !」
「あ、そうだノリちゃんに頼まれてたんだ」
「…………」
「……」
「探さないでいいのかよ?」
「そんなに急がなくてもいいよ、多分」
「いや、急いでくれよ」
「どうして?」
「寝たいんだって…」
「ここで寝ていいよ!」
「だぁら、ここじゃなくてさ、家でだな…」
「まだ昼だよ!」
「いいじゃないか、昼寝たって…」
「駄目だよ! それで夜飲み歩いてつぶれて
 私が叩き起こす役でギルドマスターに呼ばれるんだから!」
「……ちっ、ヤブヘビだったな…」
「何か言った?」
「いーや。そんなことより…えーと…
 ああ、…俺は腹が減ったぞ」
「ん? あっ! そうなの?
 私、携帯食料を作ってきたんだよ!」
「な、何ぃ!? 手作り!? い、いらんいらん!」
「なっ、なんで!?」
「いや、なんとなく」
「支給品の携帯食料とは違うよ?」
「違うから問題なんだろ…」
「支給品はなんか色々混じった栄養ドリンクとスナックじゃない」
「んー、まあ美味くはないな」
「でしょ! だからね、ホラ!」
「?」
「パンを焼いたんだよ!」
「む? ……普通だな、見た目は」
「味もおいしいよ!」
「本当かよ…」
「お母さんが、昔よく、パンを焼いてくれたの…」
「…………」
「その味を思い出しながら、焼いたんだよ!」
「そうか…」
「食べてみてくれるかな…」
「ああ、もちろん………って、かてぇ!」
「ええっ!? そんなはずは… あれ?」
「カッチカチやぞ!」
「ど、どうしてかな…焼き立てを食べたら、
 フワフワでおいしかったんだよ」
「…………」
「ごご、ごめんねクラウザーさん、まずかった?」
「いや……うん、……うまい」
「無理しなくていいよクラウザーさん…」
「いや、うまいよ。
 まあでも、今度は焼きたてを食ってみたい」
「うん……!」
「…………」
「キノコ、探して帰ろうか…」
「いや……」
「?」
「別に、スタミナも回復したし、急がんでもいいぞ」
「眠いんじゃ?」
「アルフォンスの体温が高いからな、眠くなるんだよ。
 子供かお前は!
 まあでも、寝るのは夜でいい」
「子供じゃないもん、ねっだ!」
「……なんで離れようとする」
「私がくっついてると眠くなるって今言ったじゃんー!
 あと、キノコ探さないと」
「後でいいだろ、ここにいろ」
「え、何? 何? なんかキモチワルイな」
「うるせぇよ! お前の希望通りにしてるだろ、
 なんでキモチワルイんだよ」
「優しいクラウザーさんなんて何かたくらんでそうで
 怖いなー」
「ああそう、じゃあもう二度と優しくしないぞ」
「ええっ」
「お前がシビレ罠や落とし穴にかかっても、放置して
 クエストクリアして帰るぞ」
「そ、それは嫌だな!」
「じゃあ大人しくここにいなさい」
「……ねえ、ひょっとして、私のこと『カワイソウ』って思ってる?」
「!!
 ………………」
「お父さんもお母さんもいないから?」
「いや、むしろハンターとしてのスキルがあまりにも皆m…」
「私、カワイソウじゃないよ」
「………………」
「だって、今はポッケ村の村長さんもいるし、
 おじーちゃんも、ノリちゃんも小雪ちゃんもクェスさんもいるし、
 ネコートさんとかトレニャーさんとかギルドマスターとか
 あとね、あとねいっぱい…
 皆がそばにいてくれるんだもん!」
「……そっか」
「あと、その……」
「?」
「えーと、あの…エヘヘ…
 一番はね、そのぅ」
「なんだよ」
「クラウザーさんがいてくれるから」
「………………そうか」
「うん!」
「うん! じゃねーよ、なんだヨこっち見んな!
 やっぱり特産キノコさっさと拾って帰るぞバカ」
「バカって言った! バカって言った!
 バカって言った人がバカなんだよ、
 クラウザーさんのバカ!」
「うるせー! 黙ってキノコ拾ってなさい!」

深い森の幻影

久々に妄想でもするか!
なんたってここは、モンスターハンター「妄想日記」だからな!
最近告知ばっかりですいませんした…

クラウザー&アルフォンス_017

「クラウザーさんクラウザーさん」
「はいはい」
「目! 目に!」
「はいはい」
「なんかついた!」
「そうかい」
「…………」
「…………」
「…………………」
「……見るのね、俺が」
「うん」
「あのねぇ、そういうのはねぇ、自分でなんとかしなさいよ…」
「だって、目だよ!?」
「そうだな」
「目だもん、見えないよ!」
「……」
「自分で見えないよ!」
「いや、だから……。俺はお前の母ちゃんじゃないんだけど…
 ……まあいい、で?」
「ここ」
「あー…。ふーん……あーなーるほど」
「な、何?」
「フフフ」
「何、なに、なに!」
「お前って、ホントすごいな…」
「え、ええっ!?」
「だって、偶然目にこんな…ぶふっ」
「な、なんで笑うの!? なんで!?」
「どうやってつけたのか『なんで』って俺が聞きたいくらいだ」
「ええええええええっ!」
「アルフォンス、よーく見せてみなさい」
「えっ、あのその」
「ぷ…ぶ……はっ…」
「…………」
「いや、か、カッコいいと思うよ俺は」
「……それって、もしかして褒めてるの?」
「褒めてる褒めてる」
「もういいもん」
「あ、こすらないほうがいいぞ」
「え、なんで?」
「ネットになるから」
「……へ?」
「クモの巣とツタの葉が奇跡のナチュラルドッキングで
 眼帯みたいになってるんだよ」
「がんたい?」
「いやー森丘は楽しいところだな…
 ちょっと森を歩いてるだけでこんな…フフフ」
「…………」
「前ちゃんと見て歩けよ、アルフォンス」
「前見て歩いてたよ」
「嘘つけ! じゃあどうしてクモの巣にひっかかってんだ!」
「……」
「そういや、こないだも俺がしかけたシビレ罠にかかってたな」
「…………」
「落とし穴にも落ちてたな」
「………………」
「な、なあ、言っちゃ悪いと思っていつも言わないでいたけど、
 お前、ハンター絶対向いてな…」
「あー! あーあーあー!
 これは、こういう装備なんだよっ!」
「は?」
「ツタの葉の眼帯装備!」
「いや、それ前見づらいだけでなんも効能ないだろ」
「シビレ罠は…弱ってたクック先生がかわいそうだから、
 私が代わりにかかったんだよっ!」
「ええー……」
「落とし穴は、設置したけどグラビモスにスルーされた
 クラウザーさんが可哀想だったから、落ちたんだもん!」
「いやいやいやいやいやいや…」
「ハンターに……」
「…………」
「…ハンターに向いてなくなんかないよ!」
「う、うんそうだな悪かった」
「向いてなくなんかないよ!!」
「わかったわかった、俺が悪かった。な? よしよし」
「……」
「泣くな…」
「泣いてないよ! これは…クモの巣だよ!」
「そ、そうか…」
「ほら! ね!」
「いやさりげなく鼻水を俺の装備で拭かないように」

Archive

Tags

Webclap

現在のお礼絵は 0枚 です
ちょっとしたメッセージ飛ばしたい時など
お気軽にご利用下さい


Search


Up Alert on Twitter

ブログ更新お知らせ兼アルBOTです。
フォロー/リムーブはお気軽にどうぞ。
(自動フォロー返しをしています)


▼特定のワードに対しリプライします▼
@m_h_m_n 今日のオススメクエスト
└現在はG1,G2,トレハン 59パターン


@m_h_m_n 今日の運勢
└モンハン占い 7パターン
他にも名前や挨拶などいくつかの言葉にリアルタイムで反応します。
Twilog

niconicovideo



Links


QR code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。